柏原武利さんは29歳独身、職業は高等学校の体育教師です。
中学、高校とサッカー部に在籍し、大学時代はプロ入りも視野に入っているほどでしたが2年時に膝の靭帯を痛めてしまい、数回手術をしましたが回復には至らずプレイヤーの道は断念しました。
その後教員免許を取得し、現在高校でサッカー部の顧問を務めています。
就任当時は弱小だったサッカー部でしたが、柏原武利さんは自身の経験を活かして部員を鍛え、いまでは県内でベスト8の常連となるまでに成長しました。
自身が名センターバックとして活躍していたためディフェンスラインを育てるのが得意で、サッカー部は県内屈指の守備力を武器としています。
将来の夢は監督として国立競技場のピッチに立つことで、公認指導者ライセンスを取得するため日々勉強しています。
ちなみに、サッカー以外の彼の趣味は釣り。
休日はもちろんのこと、平日も勤務時間前の早朝に出かけては釣りを楽しんでいます。
座ってできて膝に負担がかからないのがちょうどいいんだそうです。